育児・教育

子どもの死生観。3

子どもが持つ、死への恐怖について。


「ぼく、死ぬのが怖い。」


「ぼくが死んだらお母さんどうなるの?」


という問いについて。




まぁ基本的に、


「ぼくが死んだらお母さんどうなるの?」については、
(これは3歳の娘も聞いてくるのですが)


「お母さん泣くから。死んじゃダメ。ていうか先に死んだら地獄までも追いかけていって叱りとばすからっ!」
って言ってあります。


まぁ母はみんなそうじゃん?



でもこの、「ぼくが死んだら残した人はどうなるのだろう」っていうのも、死への不安や恐怖といえばそうなんだろうと思う。


己が不在になったことによって他者が抱くであろう喪失感への恐怖、っていうんですか?


子どもなんて、なにかを育てたり責任持ったりもしてないくせに、こういうところはちゃっかり「ぼくがいないとダメであろう世界」を認識してるんだなぁ。と、感心もしますが。




単純に「死ぬのが怖い」と言われたとき、痛みや苦しみについては想像できないし、死に方にもよるのでどうしようもないのですが、
「死ぬことによる自分の不在が怖い」という意味の場合、
私は少し、昔とは返答の仕方が変わったように思います。


それも、劇的に変わったのは、やっぱり母になってから。


父ちゃんは子どもができてからは自分が死ぬのが怖くなったらしいのですが(責任感あるね~←人ごと)
逆に母ちゃんは、死ぬのが怖くなくなりました。


出産って、ちょっと死を垣間見る作業であったりもしますからね。
そのせいで肝が据わったっていうのもあるんでしょうが、
なんか、以前から持ってた(ような気がする)本能的な怖さみたいなのがなくなりました。


平たくいえば、「おれが死んでも子どもが残る」


よっしゃ、遺伝子残したぞー!これで安泰♪みたいな感じ。




…動物だな。うん。




もちろん小さい子を残して死ぬのもアレなんで、しばらく死にませんが。
しかし自分がいつ死んでも大丈夫なように子どもを育てるのが教育よね、とも思ったり。




結局、死への恐怖なんて、突き詰めて考えれば遺伝子が途絶えることの恐怖なような気がします。
だからこそ、自分の死よりも子どもの死の方が怖い。




なので、素直にそのことを息子に教えてやりました。


「いいこと教えてあげる。
 大人になって、自分の子どもができたら、不思議と死ぬのが怖くなくなるよ。」って。


ええ、もちろん、息子には理解できなかったらしいですが。
そして後日、父ちゃんと話したことによって、どうも男の人は逆なのかもしれない(ダメじゃん)とかも思いましたが。




もちろん息子の問いへの答えとしてはこれですべてではないし、正解でも不正解でもないであろう。
したがって、これからも聞かれたらまぁ適当に答えますよ。




「死んだらどこに行くの?」
「死ぬのが怖い。」
「死んだらどうしよう。」




さて、みなさんはどう答えますか?





にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

子どもの死生観。2

つづきは明晩、といいつつだいぶ空いてしまいましたが、つづき。


「死」について意識しはじめた子どもへどんな言葉をかければよいのか。
特に死に対する恐怖について。




そんなに深く考えたわけでもないのですが、やっぱりこういうときに「しっかりとした宗教」を持ってると、違うんだろうなぁ、と思いました。
「しっかりした」というのは、敬虔な信仰にもとづいた、という意味で。




典型的な多宗教家族なもので、
おじいちゃんが死んだらお寺でお葬式。
七五三は神社にお参りに行って(今回はお寺さんに行きましたが弁天さまだったので見事な神仏習合)、
クリスマスにはイエスキリストのことは知りもしないけどサンタさんがやってくるんだーい!
お正月にはもういっぺん神社に行くよ♪
という状態。




てなわけで、


「おじいちゃんは死んじゃったらどこに行くの?」


と言う問いには、


「天国にいくんだよ。」(キリスト教)


「あ、違った、極楽かも。」(仏教)


「千の風になっていつでも近くにいるのよ。」(神道?)


と、どの答えを返してもあながち間違ってないというか、
いつ聞いても母ちゃんの答えはふらふらしてんなぁ、という感じです。


困ったあげく、


「母ちゃん、まだ死んだことないからわかんなーい」


と逃げる始末。




仕方ないから一緒に考えるようにしています。




「天国って言うからには、天の国だから、雲の上に違いない」
みたいなことは息子も言ってましたが、
そういえば、この息子は小さいときにも、誕生前記憶については「くものうえにいてそこからタクシーにのってやってきた」みたいなことを言ってたなぁ。
(今の子どもは小さいうちからいろんなメディアにさらされてるから真偽のほどは分かりませんが)




そういえば、死後の世界と聞いたときに私が思い浮かべるのは、
キリスト教の宗教画で、よりによって地獄絵図なのです。
詳しくは分かりませんが、死者たちが行列して審判を受けて、天国と地獄に分かれていって、
その分かれた先(地獄)で鬼たちに散々いじめられてる様子。
仏教画でも地獄絵図はあるけど、私の記憶の中ですぐに出てくるのがキリスト教っぽい絵だというのは、実家がキリスト教だというわけでもなく、たぶん昔から家にあった図鑑とかに載ってたのだと思う。



そんなののイメージだと、死=恐怖になってしまいそうな気がするのですが、
幸い、日本人だと他にもいろんなイメージを持てますよね。


審判を下されて地獄、極楽どっちか行き(あ、これだと閻魔様か)とかだけでなく、
先祖の御霊と一緒に祖霊となって山だか海だかで神様みたいな存在になる、とか。


あれ?
結局、「しっかりとした宗教」を持ってなくても、それはそれでなんとかなりそうだな。
なんか知らんけどどっかいくねん、て感じ。(無責任)






しかし、死後どうなるかという不安だけでなく、おそらく子どもとしては死の瞬間への恐怖の方が漠然と怖いのかな、とも思う。
この、死後の世界ではなく、死の瞬間への恐怖、自分が死んだ後に残すものがあることへの恐怖、についてはまた後日。


(いつのまにかつづきものになってる)

にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

子どもの死生観。

なんの脈絡もなく、すごいタイトルで恐縮です。


実は先日、私の祖父が亡くなりました。


周囲もうらやむ、見事なまでの大往生ぽっくりだったので、それはそれで一時期のショックを抜けてしまえば「やれめでたや」って感じだったのでよいのですが、
ちょっと子どもに変化が起きております。


子どもたちにとっては、ひいおじいちゃん。


しかも親戚の中では一番行き来がしやすく、震災の時は2週間近くお世話になったこともあり、
ちょっと耳が遠いけれど仲良く話せる、そんな間柄でした。


娘(3歳)は分かってるんだか、分かってないんだか、
お葬式の最中は神妙にしてたけど、家に帰ってきてからは
「おじいちゃん、なんで死んじゃったのー?」
からはじまり、
今ではすっかりお人形たちを寝かしつけては「○○ちゃん、死んじゃったの」
と、死んじゃうシチュエーション満載で、遊びの中で消化している様子。


しかし、息子(小2)だ。


物心ついてからは初めての体験だったわけで、しかも、よくしてもらってたおじいちゃん。


出棺の時は周りの雰囲気にも負けて、えぐえぐ泣いておりました。


で、四十九日も終えて、最近になってよく、




「ぼくが死んだらどうなるの?」


「おじいちゃん、今どの辺?」(四十九日過ぎたら仏様になって天国(極楽)行くんだよ、と言ってたため)


「おじいちゃん、天国についたかなぁ。」


「ぼく、死ぬの怖いんだけど。」




と、死後の世界について色々思いをはせているような発言が出てきた。




たしかに。
小さいときはやたらと死ぬのが怖かった。


一人で暗い部屋でお布団に入ってたりすると、「もし自分が(もしくは親兄弟が)死んだらどうしよう」という考えがわいてきて、怖くて眠れなかった。


たぶん息子も、いま、そういう思いでいるんだろうなぁ。




とは思うのですが、はたしてそういうとき、どういう言葉を返すのがよいのか?






あー、娘が起きてきちゃいました。
つづきはまた明晩。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

今年のどんぐり事情。

資源ゴミの回収ポイントに娘と二人で行ったところ、ゴミ捨て後も「おうちかえらない」大作戦を展開されました。orz...


回収ポイントは公園の横にあるため、娘にとっては絶好のポイント☆
ブランコに乗って落ち、エンドレスすべり台ののち、どんぐり拾いに。

Ca3f0888
去年は足の踏み場もないほどどんぐりが落ちていたのに、今年は「あれ、清掃業者が来たのかな?」っていうほど落ちてない。

そういえばどんぐりは豊作と凶作を交互にくり返すとか。
今年はクマがやたら住宅地に出てきてるのは、去年豊作で子供が増えたのに今年凶作で食べ物がないからなのだとか。
この豊作凶作のタイミングって、日本全国でそろってるのかな?

111027_105801

というわけで、どんぐり銀行に預けるために少しお持ち帰り。
去年ほど貯金…じゃない、貯団栗はできなさそうだな。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

7ヶ月目にして、現在の心境。

そうか、今日で7ヶ月でしたね。


誰もが7ヶ月以上前の状態に戻りたいと思ってると思いますが。
まぁそれは無理なんで、現状を受け入れつつ学びつつ前を向いていくしかないわけで。




ところで私の心境ですが、だいぶ落ち着いてきました


落ち着いてきかたを説明すると長くなるのでサボります。




福島県の子育てママが、科学者に質問し自分でデータを調べたら何かが変わったぞ!
http://togetter.com/li/194861



分かりやすいのはこれ。
タイトルそのままですが、福島県在住のママが放射能について心配していましたが、自分で色々調べだしたらなんだか元気になってきた、と言う内容。
私はここまで一生懸命調べたり人に聞いたりしていませんが、でもだいたいこんな感じの過程をたどったような気がします。


心配はもちろんする範囲なのですが、そんなにしなくてもいいか、という感じです。


一言で言うと、
冷戦時代の方が被曝してたんじゃん!日本人!
てことです。


そんなわけで、当ブログで放射能系の話題を書くことは今後は減る(というか無くなる方向)と思います。


半年ほどですが、ほんまに色々(そりゃもう色々)勉強させてもらいました。
むしろありがとう。




…いや、ブログは続くからっ!


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

ただいま。

8月30日、茨城に帰ってきました。


このまま母子三人で奄美に(短期的にでも)移住しようかと悩んだのですが、
息子の大反対(あたりまえか)もあるし、
転校や父親不在ストレス等々を考えると、茨城に戻った方がいいような気がしました。

先日、文科省と茨城県による航空機モニタリング調査の結果が出ましたが、
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1940/2011/08/1940_0831.pdf (注:PDFです)
それをみてもうちの周辺は1万~3万ベクレル/㎡くらい。
いや、もちろん高いんですが、食べるものに気をつけていれば生活できなくもないかな、という印象です。

子どもたちをなるべく放射能から遠ざけたい、という気持ちはもちろんあるのですが、
茨城はそのレベルが深刻ではない(ような気がする)がために、その他もろもろの事項と天秤にかけた時にとっても悩むのです。

うちの子達は3月13日以降3週間は避難していたので一番ひどい時にはいなかったし、
夏休みにはめいっぱい島で療養生活をしました。
食材にも出来る限り気をつけているので、きっと大丈夫!と、母は自分に言い聞かせています。

相変わらず息子の「外で遊んできていい?」にはいい顔できませんが、土が剥き出しの所で遊ぶのでなければいいことにしましょう。

家族の健康について全体的に見れば、ここにいた方が精神的ストレスは少ないのです。(母除く)
放射能の健康にたいする影響については、研究者の間でも意見が分かれすぎているので、今は判断ができません。


しかし何年間も住み続けるのでない限り、大丈夫だと思うことにしました。(うちはなんとなく転勤族)


そんなわけで、またしばらくは戦いの日々です。

まぁ野菜とかもそんなに汚染されたものは出てきていない現状なので、今後も検査結果をチェックしつつ、「正しく恐れる」生活を続けていきたいと思います。

すんげー手間かかるんだけどね。。。




にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (7)

ハブ講座参加してきました。

あまみシマ博覧会(HPあった、ちょっとびっくり)、2回目はハブ講座です。


2歳の娘も予約してましたが、パン作りですら号泣だったので「講座」は無理だろうとあきらめ、息子と二人で行ってきました。

結果、大正解です。

東京大学医科学研究所、奄美病害動物研究施設の服部先生が講師だったのですが、前半はがっつり講義。

近年のハブ捕獲数の動向(めっちゃ増えてます)から、南西諸島でのハブ分布とか、遺伝子的な系統図とか、奄美の地質学とかなんやかや。
母は楽しかったのですが、周りを見渡すと脱落者続出。zzZ

息子もいびきかかんばかりの勢いで寝こけてました(笑)




んが、後半になると、いきなり実学。

産みたて卵の解剖に始まり、
抜けがらと、20cm程度の生まれたてサイズと、1.6mくらいのハブの生皮をみんなでこねくり回した揚句、
最後には本物ハブ様の登場です。

しかも身重とかで、お腹がぷっくり膨れてました。

Ca3f0739
ハブがだらだらしてたので、
「攻撃態勢を取るとこうなりますねー」とわざわざつついてくれる服部先生。
みなさん「いいです、いいです、」と遠慮してたのですが。。。

Ca3f0743
毒牙一発。

しかしハブ毒は血管に入るとそりゃーもう大変ですが(咬傷あとの写真がありましたが…悲鳴ものでした)
触ったりなめたりするのは平気だそうで、「なめます?」って聞かれました。(もちろん全員遠慮)

Ca3f0744
おっかなびっくり。
このあとハブが身じろぎして、みんな飛びのいてました(笑)


Ca3f0732
息子の身長(120cm超)以上あるハブの生皮。
つるつるしてて気持ちよいのです。


子供たちもおじちゃんおばちゃんも、キャーキャー言いながら楽しんでました。

ハブに気をつけなきゃゃいけないのはどんな場所ですか?という問いには、意外にも
「大雨の後の川沿いですねー」とのご返答。
雨で海へ流れて行ったハブが、戻ってこようとして川から上がってくるポイントがあるそうです。
(そういや小学校の時、雨が降ると裏山からハブが流れて来て、男子が振り回して遊んでたな~)


まぁそんなこんなで、親子で楽しく受講できました。

しかもお土産(?)には、みんなで遊びまくってぼろぼろにした抜けがらの一部と、
ハブの牙(一人につき2本ずつ)いただきました。

ついでだから夏休みの自由研究にしちゃおうかな?と考えたり。


実際にその辺ではお会いしたくないですが、楽しかったです、ハブ講座。
他にもなんか探してみようかな~。
まだまだあります。シマ博覧会。



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (2)

学校生活アンケート

学校生活でなにか不安なことはありますか?とアンケートが来ました。



安心材料が何かあるのですか?



まぁ、もう学校生活に関しては、そこで子どもを守ってくれるとは思ってないので期待もしてないのですが(成長したな私)、
せめて市や県や国からの指示を待ってる間だけでも、なにか先生方で情報を集めて議論して方針を決めて行動して下さい。と書きました。
(もっときついけど)
自分達で調べもせず考えもせず決めもせず、上がなにか言ってくれるのをひたすら待つ、っていうのをやめてもらいたい。
その待ってる間に子どもは被曝してるんですけど。



茨城県産の麦から(小麦大麦問わず)放射性物質が検出されていますが、新米の時期になったら給食はどうされるのですか?
せめて発表されている野菜だけでも、調べてから使用しているのですか?
暫定基準値内なら安全って、だれが証明したのでしょう?
ドイツの基準値を採用したら、茨城の麦は今年は全滅ですよー。


などなど。


言いたいことはいっぱいあるけれど、控えめにアンケート書いておきました。


それを元に個別に我が家に電話とかしてくれなくていいから、先生方で勉強会とかして、学校としての方針や基準を決めてからそれを全体に公開して下さいとお願いしました。


…無理なんだろうけどね。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

脱原発の国民投票、目指しませんか?

110611_160301


脱原発の国民投票を目指す会

http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

脱原発の国民投票を目指し、国会請願署名を集めているサイトです。



インターネット受付はできず、各自、署名用紙をプリントアウトして、手書きして、郵送しなければいけません。
めんどくさいでしょうが、国を本気で動かそうと思うなら、このくらいは朝飯前ですよね?


お友達から署名を集めてもいいですし、
ご家族の分だけでもいいと思います。
もちろん、ご自分1人分でも、大切な1人分の署名です。




日本の未来を守るため、
小さなことから、コツコツと!



にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (1)

なにもしてないけどテレビに出ます(?)

最近、思考が停止しています。
むしろ、思考停止「させて」います。


色々考えてもきりがないし、
疲れるし、
イライラして子どもに被害が行くし、
体も壊すので。


そんなわけで、なにもしてませんが、とりあえず予約してあったサザコーヒーでの講習会には参加。
原子力研究開発機構のおじさま方の話を聞き、
乳飲み子を抱える専門家の方々がこれと言った対策をしていないと聞いて、
「なーんだ、ちょっと肩の荷を下ろそうかな。」と思ったり。
でもやっぱり、もう癖にまでなってしまっている放射能対策生活を一度にやめることはできなかったり。
でも暑い日には換気するくらいいいじゃん、くらいには思えたり。

あいかわらず、でも、でも、と、いったり来たりの毎日です。


そんなぐだぐだ加減を、講習会の最中に(娘の妨害にあってろくに話は聞けていなかったので)近くにいた方と話していた所、


「あとでインタビューさせてもらってもいいですか?」と言われる。


しまった。
NHKの取材陣のお姉さんだった。orz...
(プレゼンの終わった研究員の方々とも喋っていたので、原研関係者かと思ってました)


そんなわけで、「おはよう日本」にちょこっと出るかもしれません。
6月22日の7:45ころの企画だそうです。(予定)

といっても、放射能について考えてる人々特集企画の一部に出てくる講習会内容の一部の参加者インタビューの一部なので、出ない可能性も存分にあり。
まぁNHKの方がどういう風にまとめているのかも気になるのでとりあえずはチェックだ。


にほんブログ村 子育てブログ 自然育児へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

より以前の記事一覧