一族郎党向こう三軒両隣

1102奄美豪雨災害。…知ってる?

みんな知ってる?


おとといね、奄美では豪雨が降って、
奄美大島南部の瀬戸内町古仁屋では1時間に143mmの雨量(もちろん観測史上初、全国では9位)を観測して、
町中はどろどろ、
国道県道町道はことごとく崖崩れで通行不可
家に帰るにも土砂をこぎながら、
もしくは船で(!)帰らないといけなくなったりして、
今日(11/4)の時点でも孤立してる集落があるんだよ?

私は実家の母からメールが来て初めて知って、
その後ネット(主にツイッター)で状況を追ってたけど、

まーあ、全国ニュースでの取り上げ方の少ないこと少ないことっ!

マスコミが取材に来ても、
死者がいないことを知ると途端にトーンダウンするそうな。

それってひどくないですか?災害はだれかが死んでなんぼなの?

正直、世田谷の放射線とかどうでもいいじゃん!今それだれかが生活困ってるわけ?

今年はホント、マスコミの手法に目が覚めた年でありました。(って、もう一年のまとめか)


そんなわけで、大手マスコミはあてにならないので、民間人ブログの紹介にて、奄美大島の豪雨被害についてお伝えしたいと思います。
(各ブログのタイトルをクリックしてください)

201111022011_51_54thumb
奄美大島最南端のホテル、マリンステーションのブログ。
従業員の方ががんばって徒歩でホテルへ向かった道のり。何時間かかったんだろう。


P1100610
シマだより(奄美大島瀬戸内町)
うちの親のお友達。雨が止んだ途端、あちこちめぐって写真を撮ってくれてます。ジャーナリスト並。


Dsc06254
徒然なる奄美。
シマのガイドをされてる方のブログ。古仁屋の町中がどろんどろんなのがわかります。


いやほんと、大変そうなんですけど。
この被害が11月2日の午前中たった数時間で起こったって言うんだからおどろき!

ちなみに私の実家はやっぱり悪運が強く、家はもちろん借りてる畑も無事だったもよう。
目の前の道路は川になってたみたいなんだけどね。
犬は怯えまくり、猫はぐーぐー寝てたらしい。

去年の豪雨からの復旧もまだ完全ではなかったのに、また今年も、ってどういうことなんでしょう。
100年に1回と言われていた豪雨が2年連続、orz...




シマのみなさん、無理しない程度にがんばってください。
大雨のあとだからハブにも気をつけてね!


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

| | コメント (0)

おねえさんといっしょ。

久しぶりのトラ(仮名)が遊びに来ました。

我が家でおやつを食べたりクレヨンで遊んだりくっちゃべったりしていると、
ふとトラママが


「わたしさー、ゆうぞうおにいさんのことが好きなんだよね。」


えーっと、
Yuzo(右下)


ゆうぞうおにいさん?(・・;)
あ、あそう。。。


「でもね、しょうこおねえさんと付き合ってるんだってー。フライデーされちゃったんだよーショックーーー!」


え、しょうこおねえさん?


Yuzo(左下)


へ~そうなんだー、そんなありがちなことあるんだー。
たしかに歌うたいながらもやたら仲よさそうだけど…


「もうその記事見ちゃってからさーまともに番組見れなくって。
 歌うたいながら目ぇ合わしてたりするとそんなに見つめ合うなよ!とか

 踊りおどりながらおにいさんがおねえさんの髪ひっぱったりしてるといちゃいちゃするなー!とか

 「みんな元気ー?おにいさんもおねえさんも元気ー!」とか言ってると
 お前らどうせ夕べもお互いに元気なの確認したんだろ!とか




 それじゃあおかあさんといっしょじゃなくておねえさんと(朝まで)いっしょじゃん!とか…」




ト、トラママっ!壊れすぎっ!(((( ;゚Д゚))) 


そんなにゆうぞうおにいさんのことが好きだったの?!
そりゃあショックだったんでしょうけど、壊れすぎっ!


もうショックでショックでー、といいながらため息ついてるトラママを見ると
気の毒に思うよりも先にかなり面白かった
爆笑でした。ごめんトラママ


この分ではきっと日本国中でいろんなママが子どもと一緒にNHKを観ながらやきもきしていることでしょうなぁ。
ちなみに私はああいうタイプは背筋に悪寒が走る方なので「しょうこおねえさん正気?」と思ったくらいです。

しかしおかげで私も若君と番組を観ながら「へ~この二人がね~」と思うようになってしまった。
純粋にテレビを見れない…orz...

| | コメント (7) | トラックバック (0)

郵便局員の懸念。

いうまでもありませんが、奄美は田舎です。


どのくらい田舎かと言うと、ちょっとした事実がうかうかしてる間に尾ひれ背びれ胸びれが付いていつの間にか大事件になってるような田舎。


実家に私宛の郵便物が届きました。
本当は横浜に送ってくれるはずだったんだけど、今は島に帰ってきてるので、送り主さんにこっちに送ってもらうようにしてたの。

実家の苗字は籠島(仮名)だからね、といっておきました。

すると先日、玄関先につながれている犬の大きな吠え声とともに、郵便屋さんがやってきました。
同級生のお父さん、ツムさん(仮名)。


「るりちゃんに郵便よー、
 籠島るりちゃんになってるけどねー、いいわけーー?」



「あ、いいよいいよ、だいじょうぶー」


そんな会話を軽く交わして郵便物を受け取りました。
送り主さんは変な気を回して郵便屋さんが間違えないようにしてくれたのねー。


その時はなんとも思わなかったんだけど、その日の夜になってふと疑問が…


「もしかしてツムさん、私の苗字が旧姓に戻ってるのと勘違いしたんじゃない?」


ありそう。
ありそうです。
やたら離婚率の高いこの南の島。
子供が生まれたと思ったらあっという間にお母さんは旧姓に戻ってついでに実家に戻って…
ありそうです!


るり母「ツムさんおしゃべり好きだから、その辺でもうしゃべってたりして( ̄ロ ̄lll)」


翌朝、
再び我が家のバカ犬が騒ぎ出しました。
郵便配達のバイクの音です。
今回は母が出て行きました。


ツムさん「るりちゃんはいつまでこっちにいるのー?ずっとおるわけー?」


るり母「いやいやいや、だんな様が出張行ってる間だけよ、すぐ帰ります!!!」


ツムさんが去っていく音…


るり母「やっぱり勘違いしてたわーツムさん。」


ん~、さすがです。(-_-)
昨日の会話だけではイマイチ確信がもてなかったために、今日は裏を取る作戦に出たわけですね、ツムさん。
ここで「まだいつ帰るかはわからないのー」なんて言おうものなら
きっとるりかけす旦那と喧嘩して離婚の危機説とか危機なんか通り越して調停中説とか
色々飛び交ったに違いない。


う~ん、デンジャラスゾーン、ご近所。


都会に暮らしてるとこの田舎風味が面白かったりもするけどね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さいこーがキタ!

ここあんの唯一の島のお友達、さいこーが遊びに来てくれました。


今回もお姉ちゃんと一緒に。
お土産たくさん持ってきてくれました。
親戚のおばちゃんが揚げたあんだあげ(ゴマ)と地元のケーキ屋さんのどでかいシュークリーム。


さいこー、あんだあげが大好き!
(アンダーギーといったほうが一般的?)
さすがに油で揚げた物なので回りはママが食べますが、真ん中部分をパクパク食べる!
あげるのが遅れるとテーブルバンバンたたいて「きーーっ!」と怒って催促!


ついついつられてここあんもバクバク食べてしまいました。
そしたらんまい!
ここあんまでテーブルバンバンたたいて「きいいっ!」orz...
対抗心って大事です。はい。


さいこーがここあんより3週間年上なのですが、発達はちょうど同じくらい。
伝い歩きして、タッチも何秒か出来ます。
ここあんは奄美の家に来て初めて階段に挑戦。最初から上れてしまった(超危険)のですが、
さいこー家には階段がないとのこと。
早速挑戦してみました。


上れるよ。


赤子が2人で「おいちょ、おいちょ、」と階段昇り。
周囲で大人がキャーキャー大騒ぎ。
さいこー姉は「あぶないよ、あぶないよ、」とパニックになって泣き出す始末。をいをい


その後は二人そろってぐっすり寝ちゃいましたとさ。
saiko-左からさいこー、姉、ここあん、


なんで赤ちゃんって一緒に遊んでると寝るタイミングまで一緒になるんだろうねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ばぁばの愛、その行方。


以前、おばあちゃん(旦那様のお母さん)からの宅急便の中に子供をIQ200に育てる本が入ってたことはお伝えいたしましたが、
奄美の実家の本棚にもこっそり入ってることが判明しました。






『僕、9歳の大学生』
book





いや、だから、おばあちゃん方はそろいもそろって孫をどうしたいんだい???


ここあんの父方のおばあちゃんと母方(奄美)のばぁばは
性格は似てないんだけど年は一緒。名前も(!)一緒。
時々とる行動も似ています。
というよりおばあちゃんというものはこういうものなのか?

いや、それにしても…

| | コメント (0) | トラックバック (0)

じぃじ、その愛の行方。。。

奄美に無事、到着いたしました。
あいにくの日本全国嵐の中、離島とてその例外ではなく、空港に着いた途端に降りました。霰が。
霰。あられですよ。12月の南の島で。(いつもならまだセミがいてもおかしくないのに)


まぁそれは仕方ないとして、
自分の生まれた島に着いて、若君の記念すべき第一声。




「じいちゃん、キライィィィィ☆」



じいちゃんは孫と仲良くしたいのに、
触ってもだめ、
抱いてもだめ、
見なきゃいいのに目を離すことが出来ずにじっと見つめて、
じいちゃんがこっちを向いて面白い顔しようもんなら
「い~~や~~だ~~~~~!!!!」←じゃあ見るなよ


じいちゃん自信喪失。←もともと自信持ちすぎなんだが


初日は若君の母ちゃん後追いに磨きがかかっておりました。
いきなりたくさん乗り物に乗ったと思ったら知らない所(知ってるはずなんだが)に連れてこられて
知らないじいさん(知ってるはずなんだが)に引き合わされたら、まぁ、パニックにもなりますかな。


しかし二日もするとすっかり慣れました。
今日はなんとじいちゃんの後追いまでするほどに。
よかったねぇ。


二人してきゃっきゃ遊んでます。
母ちゃんラクチン。←それが目的


図に乗ったじいちゃんは「ここあんの風邪が治ったらお披露目に行くぞ」とか言ってます。


またそんな意味の分からんこと言って。
どこに行くのよ?


「チョウチョウが会いたがっとるぞ。」


は?ちょうちょ?


「チョウチョウじゃが。チョウチョウ。」






・・・あ、町長ですか。なるほどね♪
って、なんでやねん!

年寄りに振り回される年末年始になりそうです。(汗)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

おばあちゃまの愛、その行方

世間ではクリスマスというわけで、
我が家にも当然クリスマスがやってきました。

ペリカン便で。

父ちゃん方のおばあちゃんからここあんへのクリスマスプレゼントです。
中身はわかっています。


ボーネルンドのカラー積み木。
tumiki





うわわわわ!
検索かけて自分で驚いた!なんだこの値段!!!


ボーネルンドの木のおもちゃ以外受け付けません。積み木かシロフォンかな。」
などという息子の鬼の要求を素直に受け入れ送ってくれたおばあちゃんに感謝というか驚愕です。


いやーー、すげーなしかし。




で、その素晴らしいおばあちゃんから他にも荷物が届いた。
クロネコヤマトで。

中には孫のために冬用ベストやスタイ。
息子のためにぜんざいのレトルトパックやお餅やしょうが湯。
そして嫁のために

『天才児を育てた24人の母親』
book01

あともう一冊、『IQ200天才児は母親次第』


をいをい、おばあちゃんは孫をどうしたいんだい?((;゚Д゚)


まぁ読みもせずに一笑に付すのは悪いと思い、流し読んでみました。
これは、、、教材を売り込むための宣伝本だね。

おばあちゃんも人伝いにもらったものをとりあえずうちに送ってくれたらしいんだけど…


現在では若君のおもちゃになっております。
よだれでぐちゃぐちゃで天才本も形無しさーーー。
プレゼントしがいのない嫁でごめんなさい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

弟よ

土日に法事があったので行ってきました。

奄美の両親ももちろん来た。
東北でお仕事してる上の弟もがんばって来た。

…が、

私の知ってる弟じゃなかった。

以前も日記で有段者が徒党を組んでると凶器準備集合罪でお縄になる可能性があるらしい、と書きましたが
奴はなんだかもうすでに単独犯でもイケそうな感じ

頭が坊主です。
アゴヒゲ生えてます。
首と胸筋が前よりやたらとがっちりしてます。

しゃべってたら「あー私の弟だ」って感じがするんだけど、
お目に掛かってから30分は眺めるたびに「誰?」って思ってました。

ますます婚期を逃してる気が…、わざとか?

というわけで彼女募集中です。
ワレコソハ、という強者はとりあえず姉に連絡されたし。

当方25歳、男、格闘家兼サラリーマン。
乗ってる車はシャコタンミニクーパー。
金はないけどローンあります。
毎朝5時に起きてジョギングしてます。←年寄りか
会社の昼休みには腕立て100回。←そんな部下イヤ
浜松町から羽田空港まで歩けます。←おかしいって
冗談でこづこうと思っても反射的に防御されるのでめったなことでは奴の体に触れることができません。
でも筋肉が固くなっていくのと反比例して年々性格は柔らかくなってきてる模様。

噛めば噛むほど味の出る、スルメのような弟です。
いぶし銀の味が出てくる前に、どなたか、是非!

…あれ?親バカ日記書こうと思ってたのに。。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

たれこみ。

高校に行ってる弟が帰省してきたので母がうきうきとチーズケーキを焼きました。

私も通ってた高校なのですが、ぶっちゃけ家から1時間山道を行かねば着きませぬ。
私が現在通院してる病院の近くです。
なので下宿生活を送ってるのね。

年の離れた末っ子なのでなでくりまわして育てているらしいです。

なのでチーズケーキを焼きました。

‥‥

‥‥

‥‥

真っ黒に焦がしました。

母よ、あなたの行動は時々漫画みたいで楽しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

くくははちじゅういちなのだ。

日記で「私の名前って画数最悪」と書いたら母から反論メールが来た。

要約すると、

「画数悪くったっていいじゃない!
 美しい名前なんだし年取ってからも変じゃないし、
 冠婚葬祭にだって使えるんだから!!!

…冠婚葬祭?

あいかわらず意味不明な母であった。

ちなみに今日は「救急の日」ですね。
どうでもいいことですが出産日は3月3日を狙っています。男女問わず。
なぜなら結婚記念日が2月2日だから。

ネタかよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧