旦那様育て

その後のタミフル。

我が家のインフルエンザは無事に先週末で終焉を迎えました。たぶん。

おとうしゃんのインフル菌は妻と息子にはうつらなかったらしいです。

これは寝室を分けたり歯ブラシを遠ざけたり口移しでものを与えるの禁止したりしたおかげなのか
ただ単に菌が弱かったのか
はたまた父ちゃんと母子の相性が悪かったのか
真相は闇の中ですが。

しかしおかげさまで母子はがんがん気兼ねなく遊べるちゅうもんです。

これでインフルエンザにかかってたら
病気療養中にお外に出れなくなるのはもちろん、
治ってからもしばらくは周りにうつさないように注意しないといけないからね~。
ストレス溜まるっちゅうもんです。

ひとまずは安心…かな?
そうであると願いたい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

父ちゃんがもうダメだ。

クロでした。orz...


インフルエンザA,B両方で反応があったそうです。
やれめでたや。


しかし予防接種を受けていたせいか症状は軽い。
検査の結果が出るのも普通は2,3分で出るところが20分くらいしてようやくうっすらと出る程度だったとか。
なので最初は「ただの風邪ですねー」と言われて診察が終わり、帰ろうとしていたところを呼び止められて引導を(タミフルを)渡されたのだとか。
ややこしいですね。


ともかく隔離決定でございます。

今日から父と母子は別の部屋でねんねでございます。

「もう寝飽きたよ~、寂しいよ~」と騒いでおりますが、知りません。
妻は非情のライセンスを持っているのであります。


ところでタミフルってインフルエンザになってから(症状が出てから?)48時間以内に服用しないといけないんだって。
しかし症状が出てから24時間以上経過しないと検査結果に反映されなかったりするんだって。
えらくどんぴしゃりな時間帯に検査を受けないといけないわけですね~。

というわけでみなさん、今日の一言です。
発熱か? 一晩待って 病院へ

(注:ホントか嘘かは確認とってません)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

父ちゃんが倒れた。

会社に行ったと思ったら昼過ぎに帰ってきました。父ちゃん。
どうも風邪を引いたらしい。

父ちゃんを見るなり若は「うきゃっ☆」となって
「あそべあそべ」モードになったのですが、父ちゃんはそれどころではない。

とっととパジャマに着替えてとっとと寝ちゃいました。


したがって息子を寝室には向かわせないようにして、その後はいつもの日常生活に。

遊んでぐずって買い物行って車の中で昼寝して帰った途端起き出して(泣)おやつ食べてテレビ見てぐずってパイ飲んで昼寝してご飯食べてお風呂に入って…
嗚呼、怒濤の日常生活。


その間父ちゃんはずっと布団の中です。
時々息子の隙を見計らって様子を見に行く(正直存在を忘れがち)ものの、体がだるくて眠りも出来ないらしい。
おじや食べて白湯飲んでいちご食べてうどん食べてバファリン飲んで…


で、さすがの我々もお風呂から上がった後は寝室に行かねばなるまい。

若君、寝室に行ったら父ちゃん大発見!!!
うっきゃーーーー☆


寝るまでに30分を要しました。
チチハハ共にぐったり。


今は元気いっぱいだからいいけど、そのうち若もこの風邪をもらってくれちゃうんだろうか。
そもそも明日は最後の赤ちゃん教室だから、そこで記念になにかもらってくるかな。

嗚呼、健康な日々よさようなら。←もう別れ告げてるし

| | コメント (0) | トラックバック (0)

4周年。

朝起きたら、なんか旦那様が朝ご飯作ってました
平日なのに珍しい。
しかもそんなに早起きしたわけでもないのに。


もそもそと食べた後、若君が真っ赤な顔してきばってたので悠長におむつ替えまでしています。


イヤ、早く会社行けよ。( ̄_ ̄;)
時間はもう10時です。


る「会社は?」


旦「ん?行かない。」


…は?登社拒否ですか?


そうこうしてると電話が。




「もしもし、~(なんか店名、忘れた)~です。ここあ様からるりかけす様へお花が届いておりますがおうかがいしてもよろしいですか?」












おぉ!


結婚記念日でした。


旦「花婚式だからね。」





へぇ~~~~~~。( ̄∀ ̄*)






どうやら以前「結婚記念日や息子の誕生日くらい会社休んでみれ」といったのを忠実に実行してみたらしい。
そんでサプライズも入れてみたらしい。
ああ、びっくりしたさ。


flower
花婚式か~。知りませんでした。(おい)




そんなわけで我が家も結婚4周年を迎えました。
天下太平に日々がすぎていってるのもこれまた私の旦那様のおかげでございます。
またこれから一年よろぴくね(はぁと)


とか、ブログでこっそり言ってみる。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

旦那様自慢。

母乳を夜中も与えてるせいなんだろうけど、
朝起きるとめまいが激しいことがあります。
立ちくらみのひどいのがずっと続いてるみたいな。

単純に需要が供給を上回っているんだろうなぁ。
栄養不足か。飯食えってか。

しかし昼間は自分一人(息子はいるけど母乳だし)ということもあってご飯食べる気も作る気もしない。
義務的に適当なものを流し込むだけである。

そうするとめまいは治らない。

一日中ふらふら

晩ご飯作る気力も体力もなくなる。

そこまで腐ってしまったときは、旦那様の出番です。

会社帰りにお総菜屋さんによってお総菜を買ってきてもらう。
疲れた体にむち打ってごはんつくってもらう。←(注)妻がムチ打ってるわけじゃありません
ここあんをお風呂に入れてもらう。
おむつもがしがし換えてもらう。
おっぱいあげても寝ないときは抱っこして歌うたいながらゆらゆら揺れてもらう。

っか~~、極楽じゃ~。(*´∇`) はぁ~

日中もいつも旦那様がいればいいのになぁ。

母がのんびりできていると、それがわかってかここあんも機嫌がアップする、気がする。

これであと旦那様におっぱいまで装着できれば完璧☆なんだけどなぁ。。。

というわけで、うちの旦那様は
かなりいい旦那様です。( ̄^ ̄)

じゃあもっと大事にしろってか。ええまったくもってその通り。
でもこっそり自慢してそれで終わるのです。
ふっふ~~ん。

:*:・'゜☆。.:*:・'゜★゜'・:*:.。.:*:・'゜☆。.:*:..:*::・'゜☆
体重52.6kg
体脂肪率24.5%
内臓脂肪レベル2

| | コメント (3) | トラックバック (1)

風呂とお灸。

日曜の夜。
晩ご飯も食べてごろごろ転がってテレビを観ていたところ、旦那様がおもむろにお夜寝に突入してしまわれました。
げ、お風呂に洗剤かけたのに。洗って欲しいのに。

る「お風呂ー」

旦「んー、九時まで待ってー、むにゃむにゃ」

しゃあない、九時までか、と思ってその場は放置。
しかし案の定九時半すぎても起きません。

る「九時半だよー」

旦「んー、むにゃむにゃ」

その後もうにゃー、うにゃー、とうなりながらなかなか起きず
十時近くなってようやく動き出したと思ったら
えらい不機嫌そうな声で

旦「えー難しいなぁ、そんなん地図と実際と合ってるかどうかどうやってわかんねん。」

文句を言い出しました。

る「は?」

旦「だから!地図と合ってるか分からんかったらお風呂も入れようがないやん!」

る「は???」

もしもし?誰とお話ししてるんですか?なんですか地図って?

旦「しきゅうの地図に合わせてお風呂入れなあかんのやろ、むにゃむにゃ」

は?
しきゅうって子宮ですか?
地図があるんですか?
それを元にしてお風呂入れないといけないんですか?
えーっと、今回ばかりは確実に言えます。
こいつ寝ぼけてるYO!!

る「そんなむつかしい入れ方しなくていいから。普通にお風呂洗って入れてくれたらいいってば。」

旦「…(ちょっと我に返ったらしい)…あれ、そう?」

いったいこの人はどんなお風呂の入れ方をしてくれようとしてたんでしょう。
したいようにさせておけばよかったかな、ある意味。。。

あとで聞くとどうも子宮の縦切り方向の地図が存在したらしい。私の。
胎盤がどこにあって胎児がどんな方向で寝てて、みたいな。
そんでそれをもとに上手にお風呂を入れなきゃいかんかったらしい。大変ね。

意味わかんない夢を勝手に見て勝手にキレないで頂きたい。

なのでお風呂上がりにはきっちりお灸を据えてやりました。

三番目と四番目の背骨の間付近のちょっと左寄りにある天宗という部分にお灸をね、
って、それ肩こりのツボじゃん!ヾ(--;オイオイ...

旦「あー、るりが里帰りしてる間どうしよう。」

どうした、さみしいのか?

旦「自分では背中にお灸据えられないよなー。」

言いたいことはそれだけか?(−−#)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

てなわけでいってきま。

今日はバイトもお休みです。

いつまでたっても体温は高温のままだし
つわりは軽くなったとはいえご飯を作り終えた途端、食欲がなくなったり、
同様に買い物に出かけて食材を見た途端、気持ち悪くなったり。
眠かったり。
だるかったり。

なんちゅうか生命活動を維持するのがめんどくさい日常なので
バイトは一日おきにしてもらいました。

はぁ、らくちん。

今日はそんなに洗濯物もひどくないし、予定もないし、
だらだら過ごせるわー、と思っていた矢先、

メール「食堂が開いてない!」

旦那様からメールが。
今日から会社はお盆休みらしい。
でも旦那様は仕事に行った。
→他の人もちらほら休み
→食堂のおばちゃんは当然休み

→お昼ご飯、食いっぱぐれ。

以上のような憂き目にあっているらしい。
しゃあないなぁ。

メール「お昼おうちに帰ってきて食べる?なんもないけど(にやり)」

なんもないこたないけど、作んないとないね。
そんで私は食欲ないから作る気ないね。
つわり防止におにぎり握っておいてあるけどそんなものでは足らんだろう。

まぁおそらく自立した賢い旦那様は自分でなんとかするだろう。

と思っていた矢先。

メール「んじゃ、お昼になったら会社の門まで来てー。マクドかケンタに行きませう。」

なんですとぅっ!

だらだら奥さんを足に使ってファーストフードでお昼しようとの魂胆ですか!?

しまった。
「うちに帰ってご飯」なんてちょっと情けを見せたばっかりに。。。
まさに瓢箪から駒。
身から出た錆。
自業自得。
海舎利水魚。←精神錯乱

嗚呼、パジャマ着替えなきゃいけないのね。
顔洗わなきゃいけないのね。
コンタクトは入れなくてもまぁいいだろう。
嗚呼、ブラジャー付けなきゃ。だるい。

畜生、帰ってきたら昼寝してやるー。

しかも食欲やっぱりないし。
マクドなんて食えないし。
眺めるためだけに行くのか。

げしょ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乾燥警報。お肌ごわごわ。

今日は久々に旦那様が出張でいません。

というわけで一人残された奥様は夜の蝶へと変身しネオンの街に消え去って…、
ということもなく、大人しく残り物晩ご飯などを食べたりさんま御殿見て笑ったりしているわけです。
(そもそも夜の蝶って蛾?ネオンなんてこの辺無いし。)

あ〜〜〜、歩いて行けるところに小じゃれたバーなぞあったら絶対行くのに。
うだだ。うだだ。うだうだだっだっ。

そうこうしていると旦那様から電話が。
さっそく奥様が恋しくなったか。うい奴じゃのう、と電話を取ると、

旦「おう。」

る「おう?(おうとはなんだ)」

旦「頼んでたことやっといてくれた?」

る「は?(なんだその第一声は)」

旦「郵便局行ったり。」

る「したけど。(だからなんやねん)」

旦「ならいい。」

る「は?(なんじゃその居丈高な態度は)」

旦「……。」

る「もうおうちには着いたの?」

旦「着いたけど。」(後ろからテレビの声)

る「あっそう。」

旦「じゃ、そういうことで。」

る「はぁ。」

ぷつっ、つー、つー、つー、、、

なんやねん、その態度は。
電話してきたと思ったら割り振った仕事を完了してるか確認して終わりかい。

今日は関西へ出張だったため、旦那様は実家に帰っているのです。
ご家族の前で「るりちゃんいなくてさみしいよぅ、ちゅう」な電話をすれとは天地がひっくり返っても言いませんが、
この態度はなんだ。

お怒りなので日記に書いてやります。

なんなんでしょう。亭主関白っぽくしてみたかったのでしょうか。
謎であります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

抗生物質は医師に処方されたとおりに正しく。

旦那様が風邪を引きました。
ものの見事にノックダウン。
会社を休んで病院に行ったら、病院が大きすぎて待ち時間が異様に長く、人は溢れてるし、却って熱が上がりました。
今この町で一番空気が悪いのはここなんじゃないかというほど、人でごった返す病院の待合室。
かなり間違ってます。
みんな風邪引きすぎ。

抗生物質をもらい、
ドラッグストアで冷○ぴたとリポビタン○とイ○ジンとマスクを買い、
家に帰ってから布団に潜って冷○ぴたを貼りアイ○ノンをあてゆ○ぽんを抱えて水分補給にポカリスエ○トだー!

あー、伏せ字のなんて多いこと。
めんどっちい。

病院から帰ってきて気が緩んだ途端、ぽ〜ん、と39度まで熱が上がったものの、
真夜中頃にはさすがに解熱剤も効いてきて
「なんかお話ししてー」
と言い出す始末。

まぁ分かるけどね。
寝過ぎて眠れないんだけどなんかするほど元気もない、という中途半端な状態。
仕方ないのでハリー・ポッターを読んでいます。
勿論日本語バージョンです。
旦那様は映画は観たことあってもまともに本を読もうとしないため、
いまいち人物構成などを把握してなかったりするので。
一巻の第一章から。
現在第五章まで読み終えました。

こっちが喉痛いっちゅうねん。
目次を見たら、十七章までありました。
凹。

風邪には気を付けましょう。

いやまじで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

罪深き言葉

朝目覚めたら、夫が凹んでいた。

べこっと。

どうもいつもよりちっちゃくなっている。

「どうしたの?」と聞くと、

「どうせ君は覚えちゃいないんだ」と一人で勝手に凹む。

「は?」

なんのことだかちっとも分からない。
追求してみるとこうだ。

うちはいつもダブルのお布団で寝ている。
寝始めは、寒いこともあり、新婚らしくくっついて寝てたりするものの、
そのうち体勢に無理が生じてきて、
各々好きな格好に、最終的にはなります。

その夜もるりかけすは右向いて横向き、夫も左向いて横向きで寝てました。
夜中に夫が仰向けになるよう寝返りを打つと、
それにつられてかるりかけすも寝返りを打とうとする。

よっこらしょ、と寝返りを打つるりかけす。
ところが勢い余って、夫の額に、

ごつん。

次の瞬間。

「邪魔ってば!」

大声でしっかり怒鳴りつけたそうです。
ええ勿論、そこにいた障害物、夫に向かって。

夫、なにを〜〜っ!、と思うものの、
見てみるとるりかけすは爆睡。

えーそうです。寝言です。
ワタクシ、寝言はしっかりはっきりくっきりと発言する特技を持っているんですの。
寝言であるため夫は反論することも出来ず、

「寝てるときって一番素直な心が出るはずだよなぁ」

と、一人凹んでいたのでありました。

まぁなんてかわいそうな旦那様。
慰めようと思うものの、ちょっと考えてみると、
「邪魔よ!」とかでなく「邪魔ってば!」と発言する辺り、
イントネーションを私は聞いてないのでなんとも言えませんが、おそらく奄美弁。

う〜ん、本当に本心だったのかも。

さすがに夫には言えませんけどね。

やれやれ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)